外壁塗装がどんなものか知ってほしい(全)
ホーム > 注目 > 中国人が日本人の配偶者ビザを申請する現実

中国人が日本人の配偶者ビザを申請する現実

中国人の夫が日本人の配偶者ビザを申請してとても大変だったので、時々あの頃のことを夢に見ることがあります。トラウマになったかも。だって、愛する人の日本人の配偶者ビザを自分で申請したら不許可になってしまって、すがるように行政書士さんにお願いしたときのことが走馬灯のように思い出されるからです。

私たち夫婦には、日本国籍を取得した中学三年生と小学六年生の娘が居ます。年に数回、近場ですが温泉とかテーマパーク目当てで、家族旅行をします。今年の夏休みの旅行は、奮発しました。

その理由が、長女が受験生である事と次女が来年から中学生で、部活動に忙しくなると言う事です。なかなか家族の休みが合わなくなりますし、親と遊ぶより友達と遊ぶ方が楽しくなる年頃だと言う事で、家族旅行は最後になる可能性が高いので、2泊3日で東京ディズニーランドに行って来ました。私達夫婦も18年前に、新婚旅行で行った以来なので、本当に楽しみにしていました。

昨日、無事に帰って来たのですが、3日共小雨が降っていて、折りたたみの傘を出したり引っこめたり、カッパを着たり脱いだりと大変でした。しかし、子供達も喜んでくれて、連れて行って本当に良かったと思いました。

こんな子ども達がいま直面しているのがアイデンティティの問題。大学は中国の大学に行きたいそうで、嬉しい反面、寂しいですね。以上、「中国人 日本人の配偶者ビザ」でした。