外壁塗装がどんなものか知ってほしい(全)
ホーム > 遺産相続 > 相続人の戸籍謄本の取得

相続人の戸籍謄本の取得

亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本がすべて集まったら、次はそこに記載される情報に基づいて相続人の全員の現在の戸籍謄本を集めることが必要です。

 

例えば、相続人と思われていた人が現在の戸籍謄本を見てみると死亡していたということがあると、相続関係が変わってきます。

 

ですから、相続人全員の現在の戸籍謄本が揃ってはじめて相続関係を確定することができることになります。

 

被相続人(亡くなった方)の戸籍謄本と異なり、相続人の戸籍謄本は兄弟姉妹であっても戸籍を別にしているならば勝手に取得することはできません。

 

その場合は、相続人各自で取得してもらうか、行政書士・司法書士などに書類作成を含めて依頼されるなら職権で集めてもらうことができます。遺産相続 必要書類